トップページ >  コラム

がん、免疫力で予防したい!

便潜血があって、大腸の内視鏡検査を受けたんですが、内視鏡の検査で取れないような大きなポリープが見つかりました。


がん、免疫力

病気にならない体をつくる免疫力 (知的生きかた文庫)

がん 予防

大腸癌だったら、どうしよう?

と思って、読んだのが左の本です。


第4章が「ガンにならない体をつくる」免疫力。




簡単に読めますし、オススメです。

・免疫体質になれば「ガンは怖くない!」

・早期ガンなら「100%治る!」

・何歳からでも免疫力を高めることができる。
などについて説明してくれています。





病気にならない体をつくる免疫力」からお気に入りの文章だけ抜粋


● 「病気にならない体」をつくるためには、ストレスと低体温を防ぐ生き方をすれば良い。

病気にならない「食べ方」「考え方」を知ろう

健康な人ほど「よく笑う」「未来のことを考える」
 
● 病気を引き起こすストレスは、次の3種類
1)心の悩み
2)働き過ぎ
3)薬の長期使用

● 体の冷えを撃退する習慣
・歩く習慣のある人は病気にならない?
・癌細胞は低体温状態が一番好き

「ガンにならない体をつくる」免疫力
・癌を恐れない心をつくろう
・自分自身で癌を治す
抗がん力が驚くほど高まる食事
・玄米
・腸の免疫力を高める発酵食品:味噌、醤油、納豆、酢、漬物、甘酒、塩辛、日本酒、かつお節、ビール、ヨーグルト、チーズ、天然酵母パンなど
・1日1個 梅干しを食べる

● 疲れがすっと消える呼吸法
● 体調がみるみるよくなる爪もみ療法
● 笑えば笑うほど免疫力が高まる!
●朝、一杯のお茶がガンを防ぐ
●癌細胞は42.5度で死滅するという事実

今より10歳若返る免疫健康法
●すべての基本:「ストレスと上手につき合う」「低体温にならないようにする」
●40代から始めるストレスとの上手な付き合い方
●脳の血流の50%近くは、噛む動作によってもたらされる
ー 噛むことが低体温からの脱却にもつながる
●脳が活性化する顔クシャ体操
●免疫力は姿勢で決まる
●生きてることに、ありがとう


注)文章は、全て本文からの引用

高いコレステロール、食事・薬で対策を検討している方、必見!

LDL-コレステロールが、動脈硬化を促進する「悪玉コレステロール」、は嘘?


コレステロール 食事
↑長生きの秘訣

【送料無料】 コレステロール値が高いほうがずっと長生きできる 講談社+Α新書 / 浜崎智仁 【新...

健康診断で問題視された私の高いLDL-コレステロールの数値、
下げる方法として薬や食事、食品を探している中で見つけた本


著者は、2010年まで日本脂質栄養学会理事長で富山大学和漢医薬学総合研究所教授の医学博士ですから、いい加減な本ではありません。






簡単に読めますし、オススメです。特に、私のようにLDL-コレステロールが気になっている方は必見です!


著者の所属する日本脂質栄養学会とコレステロール悪玉説を唱える日本動脈硬化学会、どちらが正しいの?っていうお話です。


コレステロール値が高いほうがずっと長生きできる」目次ご紹介

● そもそも「コレステロール理論」は間違い
 日本では、女性についてコレステロールの危険性が示されたことはほとんどない。

コレステロール薬スタチンのコワ~イ話

コレステロールはまったく悪くない
 実は感染症にかかりにくい:
 高コレステロール血症では、むしろ感染症に対して強くなることがわかっている。一般人でも、LDL-コレステロールが高い群ほど死亡率が低いことがわかっている。

植物脂はいらない
 植物性より動物性が安全:
 動物性脂肪は植物油に比べて長期的には総コレステロール値を上げず、人への有害作用も認められない。動物性脂肪は摂取を控えるよう進められているが、植物油よりずっと安全。

● 「トランス脂肪酸」は本当に悪いのか

低炭水化物食」のススメ
 炭水化物を食べなければ、血糖値は上昇しない。
 必要なのは魚肉と少量の野菜だけ。


注)文章は、全て本文からの引用

●当サイト内に掲載されている全ての文章・画像などソースの無断使用、転用を禁じます●